K-POPと韓国ドラマで楽しい毎日を!

menu

KOREA-WORLD

「花郎」ハンソン役が人気すぎる!


イケメンが多数出演していることで話題の韓国ドラマ「花郎」。

その中でも特に天真爛漫な花郎ハンソン役が人気のようで、SNS上でも話題になっています。

「花郎」ハンソン役の防弾少年団Vについて調べてみました。

スポンサーリンク

「花郎」ハンソン役Vのプロフィール

ドラマ「花郎」のハンソン役は、防弾少年団のVが務めています。

今回初めての演技への挑戦となったVについてプロフィールを見てみましょう。

本名:김태형(キム・テヒョン)Kim Tae-Hyung
生年月日:1995年12月30日 AB型  
身長:176cm
担当:ボーカル、魅力
出身:大邱廣域市
ニックネーム:テテ、ブイ、テヒョン

防弾少年団メンバー内でも初の演技に挑戦となったV。

普段から、ファンの間でも四次元と呼ばれていて、

行動が読めないVは、演技に初挑戦ということで監督もメンバーも心配してい様子です。

ですが、想像を超えるVの演技力に関心が高まっています。

Vの役柄”花郎ハンソン”とはどんな役柄なのでしょう?

「花郎」ハンソン役人気のわけ

韓国ドラマ「花郎」のハンソン役は、

心が温かく、優しい人柄を持ち、すべての人と調和のとれた人間関係を築こうとする末っ子花郎です。

末っ子らしい愛嬌のあるキャラクターで、まさに防弾少年団Vにぴったりの役柄でしょう。

KPOPグループの中でも若者から絶大な人気を誇る防弾少年団のメンバーで初演技なだけあって、

6人の花郎の中でも特に注目されているようです。

制作発表会でも、末っ子らしさで他の出演者からもいじられていて愛されているようづが伺えます。

花郎ハンソンは、登場数は少ないもののしっかり視聴者に存在をアピールしていて、他の花郎たちに愛嬌を振りまく姿は、彼のファンではなくても魅力的に見えます。

今後のストーリーにどう重なっていくか楽しみですね!

「花郎」ハンソン役の兄って?

「花郎」第4話では、殴り合いの事件で追捕されたハンソンが、

花郎に入れば身柄を解いてやるという条件を迷っていました。

他の若者は、縄を解いて花郎になるという誓約書にすんなり拇印を押しましたが、ハンソンは躊躇します。

ハンソンの腹違いの兄ダンセ(キム・ヒョンジュン) は、先に誓約書に拇印を押しながらハンソンにも命令。

ハンソンは「本当はやりたいが、俺はソク・ヒョンジェの孫だから」と迷いを打ち明けます。

これに対し兄は「俺は半分貴族だからと誓約書を書いても花郎になれない。

だがそんな俺の前でお前が花郎になりたくてもならないだと?」と言い

「お前はソク氏一族の最後の真骨だから、お爺さんもお前がここで死ぬことを願われはしないだろう」

と言われハンソンは花郎になることを決心しました。

今後のハンソンと兄の関係が気になりますね!

スポンサーリンク

「花郎」ハンソン役のみどころ

太陽のように明るい性格の花郎ハンソンのみどころは、周りを明るくしてしまうハンソンの性格の良さです。

人懐っこく、人を惹きつける魔性の性格は、他5人の花郎にはない”争いを好まない”花郎であることが魅力となっています。

そんなハンソンも貴族の血を引く人物で、今後争いごとに巻き込まれていく展開が予想されます。

さてハンソンは、どんな選択をするのか!ここがみどころになってくるでしょう。

最終話まで見逃せませんね。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。