K-POPと韓国ドラマで楽しい毎日を!

menu

KOREA-WORLD

twice日本人メンバーの批判韓国反応はどんな感じ?

twiceが日本デビューしますが、改めて日本人メンバーって韓国で批判あるのでしょうか?そして日本デビューに関して韓国での反応はどんな感じなのでしょうか。気になります。ということでtwice日本人メンバーの批判韓国反応はどんな感じか見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

twice日本人メンバーの批判ある?韓国の反応は上々!

twice日本人メンバーに対する韓国の反応なのですが、実は結構上々なんです。「TTポーズ」というダンスの振り付けが韓国ですごく流行り、日本人メンバーの歌う曲のパートもかなりいい!と韓国で人気です。

TWICEではツウィがセンターということですが、日本人メンバーも同じくらい人気があります。批判があるかと思いきやほとんどなく、TWICE自体が韓国で爆発的な人気を誇り、日本人メンバーもわけ隔てなく人気になっているということです。

ちなみにTTポーズは日本では女子高生に人気、芸能人もしているとテレビやインスタで話題になりましたが、実は日本では韓国ほどこのポーズが流行っておらず、TWICEを売り出したいがためにやったのではと言われています。

内容が気になったらクリック↓↓
⇒twiceの日本デビューアルバム初回限定版Aを見る

twiceメンバー日本デビューの韓国の反応、批判はなく心配している!

TWICE日本人メンバーの韓国での人気は分かりましたが、6月の日本デビューへの反応はどうなっているのでしょうか。そこではこんな意見があります。

  • 「日本に行ったら韓国での活躍が減るのではないか」「got7と同じ。ショーケースとかカムバックで行くだけでしょ」
  • 「嫌韓モードがあるから日本でデビューしてもうまくいかないんじゃないかな。テレビには出ないかもね」
  • 「KARAよりは日本現地では人気そうだよ。」
  • 「日本人メンバーは3人かな。うまくいきそうだね」

などの声があります。日本デビューをTWICEファンの目から見て心配しているということが分かりますね。それほどTWICEのことが好きなのだなと分かります。

日本デビューしたらツウィがセンターでしょ。BoAみたいに活躍するのかなという意見もありましたよ。

スポンサーリンク

twice日本人メンバー韓国より日本の反応や批判が多い!

TWICEはこんな感じで韓国の反応はよく、批判はなかったのですが、日本では日本人メンバーが意外に嫌われている傾向にもあります。自分の好きなK-POPアイドルに対してモモがぶりっこだ、かわいくない、ダンスが自信満々過ぎるなど…。同じ日本人、同じ女性なのに、いや、だからこそか厳しい雰囲気です。

日本デビューをして、改めて歌やトークに触れ、日本人メンバーへの理解が深まれば好きになられる可能性はあります。単純接触効果も大事ですからね。

上戸彩さんと斎藤工さんの関係がついにラスト!!そんな結末が気になる昼顔のDVDを無料で家に届けてくれる方法があるんです! 昼顔」の映画の動画を無料で見られる記事があります! 気になったらクリック!!↓↓ ⇒昼顔の映画動画を無料で見られる記事を見る

twice日本人メンバーの批判韓国反応はどんな感じ?まとめ

 

twice日本人メンバーの批判韓国反応はどんな感じ?ということについて見ていきましたがいかがだったでしょうか。TWICE日本人メンバーに関しての韓国の反応は良く、逆に日本進出せずに韓国でもっともっと活躍してほしいという風に好かれていました。それほど韓国で人気が爆発しているんですね。

TWICEのメンバーはまだまだ若いし、日本でも韓国でも世界でも人気になっていくかもしれませんね。その実力をどこまで発揮していくのか、引き続き見守っていきたいと思います!

ピーチガールの映画が無料で見られる記事を書いています♪
気になったらクリックしてくださいね↓↓

⇒ピーチガールの映画が無料で見られる記事を見る

twiceの関連記事です!気になったらクリック↓↓>

⇒ twiceMステ出演や日本のテレビ出演はいつ?
⇒ twice日本人がいるのはなぜ?韓国語なぜうまい?
⇒ twice日本デビュー!ショーケースやライブツアー場所日程は?
⇒ TWICEミナ彼氏が気になる!日本デビューがやだ?
⇒TWICEミナとナヨンは不仲で泣かす?真相はこれだ!!

TWICE のCDが無料で借りられます!

クリック↓↓して簡単無料登録、1か月見放題で新作も借りられます!
⇒TWICEのCDをTSUTAYAで無料で借りるのはこちらを見る

スポンサーリンク

↓↓関連記事は以下をクリック!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。