K-POPと韓国ドラマで楽しい毎日を!

menu

KOREA-WORLD

EXOチェンの彼女の画像を調べたら…こんなことにw

韓国男性アイドルグループ「EXO(エクソ)」の
メンバー“チェン”さんのプライベート写真が
流出していると話題になっています。

その写真画像というのは、彼女
思われる女性に抱きつかれている
チェンさんが写っているものです。

EXOの所属事務所であるSMエンターテイメントが
正式な発表をしていませんので、
画像の彼女の真偽は、まだ分からないんですね。

スポンサーリンク

彼女の画像が?EXOチェンプロフィール

EXOは2012年4月にデビューした
男性アイドルグループで、名前の
由来は太陽系外惑星『exoplanet』から
来ており“未知の世界から来た
新たなスター”の意味が込められて
います。

EXOのメンバーは9人で、チェンさんは
本名がキム・ジョンデ、1992年9月21日生まれの
24歳です。メインボーカルを担当する
うちの1人で、身長176cmで血液型は
B型です。

家族構成はご両親とお兄さんがいます。
EXOの中では『ビーグルライン』という
特におしゃべりが好きで騒がしい
メンバーの1人です。また、カトリック教徒でも
あるんですね。

メンバーの中では1番歌唱力が
あると言われていますが、ダンスは
あまり得意でないみたいで、自称ダンシングマシーン
ネタで発言してますね^^

好きな動物がワニのようで、ワニの
Tシャツを着たり絵を描いたり
しています。

EXOチェンの彼女の画像は?

そのEXOチェンさんが、女性との
スキンシップ画像が流出して
話題になっています!

%ef%bd%87%ef%bd%87

 

女性の顔には
モザイクがかかっているのですが、
仲睦まじい様子から彼女である
可能性が高いと言われています。

 

%ef%bd%87%ef%bd%84%ef%bd%88%ef%bd%88

 

 

かなりリラックスした表情ですし、
これは恋人同士といわれても違和感の
ない画像と言えそうですね。

 

しかし先日、同じく韓国アーティストの
BIGBANGのメンバーG-DRAGONさんの
鍵付きインスタグラムのアカウントが
流出した時に合成写真も流出したので、
画像が合成の可能性もあると言えます。

 

 

この画像のチェンさんに対して、
韓国のファンは

 

 

“私たちに笑ってくれる目つきと同じ”
“微笑みが甘くて愛らしい”
“ときめく微笑で何度も見てしまう”
“本当にカッコいい”

 

とチェンさんのイケメンぶりに
改めて賞賛の声も挙がっていました。

 

 

EXOチェンの彼女の画像どうして流出?

この画像は去年のものであるため、
“元彼女が「私の元カレは芸能人」と、

知り合いに見せてそこから流出した”
“この写真の女性がチェンさんと
交際している自慢を友人にした為、
怒った友人が流出させた”などの
説があります。

 

 

やはり今は、アイドルの恋愛に
写真の流出の危険性はかなり
伴う時代になったといえますね。

 

 

アイドルだから恋愛をするなと
いう訳にはいかないと思うので、
写真を撮る際には相当気を付けないと
いけませんね!(もちろん動画も)

 


しかし今、流出したという事は
写真の女性は去年の時点でチェンさんの
彼女であって、現在は別れている
考えたほうが、やはりしっくり
来るのかも知れませんね。

スポンサーリンク

彼女の画像流出のEXOチェン、反響は?

EXOチェンさんの、彼女の画像流出に
ついて韓国でのウェブ上では

“20代半ばの男性だから恋愛ぐらいする。この女性が悪い。”
“アイドルと一般人の恋愛はいつもこうなる”
“今度はまともな女性と付き合ってほしい”
“芸能人にはプライベートもないの?”
“SMに流出させた犯人を捕まえてほしい”
“建物が曲がってるのが怪しい。合成では?”

 

といった反響があります。

 ⇒EXOチェン、ルナが熱愛?

また日本の、韓国アイドルファンの
声の中には、

 

“アイドルはイメージが大事。それと
引き換えに高い対価が支払われている訳だから、
アイドルを生業とするなら徹するべき”
“付き合うなら同じ芸能人同士の方が
リスクも同じで、一般人よりいいかも
しれない“

といった少し厳しめの声もありましたね。

スポンサーリンク

EXO関連する記事はこちらをクリック!!↓↓>
⇒ EXO D.O 映画について調べてみた?
⇒ EXOベッキョンの彼女は日本人?調べてみた
⇒EXOチェンの彼女の画像を調べたら…こんなことにw
⇒EXOチェンの慰安婦帽子問題を調べた結果…w
⇒EXO D.O 代官山に?いたw
⇒EXO チェン彼女の写真?衝撃の結果…w

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。