K-POPと韓国ドラマで楽しい毎日を!

menu

KOREA-WORLD

twiceハイタッチ会!確率や応募方法が気になる!

twiceハイタッチ会が開催されますね!そのすごそうな確率と応募方法について気になると思うので調べていきました。twiceハイタッチ会と応募方法について知って、夢のハイタッチをしていきたいですね~。早速見ていきましょう。

スポンサーリンク

twiceハイタッチ会!応募方法は?

まずtwiceハイタッチ会の応募方法は、「♯TWICE」のCDを買うことです!2017年6月28日についに日本デビューしてリリースされた「♯TWICE」ですね。こちらの初回限定盤にだけ、TWICEのメンバーが映ったトレーディングカードが入っています。このトレーディングカード、メンバーソロ写真と、複数メンバーの写真が入っているんですね。

これが、あなたの購入したCDにTWICEメンバーのソロ写真が入っていれば、念願のハイタッチ会に当選ということになります。ソロ写真が入っていればそのソロ写真に写っているメンバーとハイタッチができるという仕組みとなっています。ということは、例えばTWICE モモとハイタッチがしたければTWICE モモのハイタッチ券が当たるまで買い続ける必要があるということですね。

TWICEモモとハイタッチがしたいのに他のメンバーが当たって、誰とも交換せずハイタッチをするとしたら、自分の一番好きなメンバーを横目に他のメンバーとハイタッチする…ということも起こるということですね(笑)

8月5日の幕張メッセか、8月6日のインテックス大阪どちらかでハイタッチができるようになっています。

twiceハイタッチ会の当選確率は?

TWICEハイタッチ会の当選確率ですが、まだ正しい確率が出ていませんので分かり次第追記していくということになります。2PMは4分の1の当選確率だったそうですから、TWICEも知名度をアップさせたいという事務所の気持ちを考えると、これくらいの確率はありそうですね。これにさらに好きなメンバーが当たる確率を算出してみると、4×9で36倍!36枚買ってもまだ当たらない?となるとちょっと気が遠くなってしまうかもしれませんね(;’∀’)

ただこれ以上ハイタッチができるとなるととてもTWICEメンバーだけで対応できないということになるのではないでしょうか。

twiceハイタッチ会の登録方法は?

TWICEハイタッチ会の登録方法ですが、メンバーソロ写真のトレーディングカードが手に入ったら、QRコードやURLからハイタッチ会のWEBサイトに応募します。

CDに入っているチラシに記載されているシリアルナンバーを参加登録ページの登録フォームに入れて登録します。

①EMTG liteに登録します。

②ハイタッチ会の参加登録フォームへ入力を行います。

③電子チケットを受け取ります。

期限までに登録をしたら、会場で素敵な特典をプレゼントということですから楽しみですね!

電子チケットが受け取れないスマートフォンがありますが、登録をするとメールg後毒ので、そのメールとトレーディングカードと、シリアルコードが印刷されている紙をもっていると受付ができることになります。

twiceハイタッチ会の時間は?会話のコツは?

twiceとのハイタッチの時間ですが、だいたい2~3秒です。その時にAKBなどもそうですが、何か一言声をかけたりかけてほしいと思うので、何か考えていく必要がありそうです。韓国語で話しますか?日本語で話しますか?まずはそこから考えて、何かTWICEメンバーに言ったら喜んでくれることを考えておいたらいいですよね。

質問までは難しそうですし。ということで、応援しています!でもうれしいでしょうし、色々当日までにしっかり考えておくと良さそうです。しかしtwiceハイタッチ会とは、もし自分がやるなら手のシワもなくなりそうですね(笑)

スポンサーリンク

twiceハイタッチ会チケットの交換がすごい!

twiceハイタッチ会でそれぞれみんなトレーディングカードをゲットしているようですが、やはり行けなくなって交換とか、どうしてもほしいから譲ってくれというのがTwitterで回っていますね。どうしてもいけない場合もありますし、トラブルがあってtwiceに迷惑が掛かることがないように慎重にコミュニケーションをしてほしいと思います。

twiceハイタッチ会!確率や応募方法が気になる!まとめ

twiceハイタッチ会!確率や応募方法が気になる!ということで調査をしていきました。せっかくのtwiceとハイタッチで触れ合えるチャンス!ぜひものにして、twiceに会ってよりファンになって応援し続けられればいいですよね。楽しいハイタッチ会でありますように!!

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。